• 需要と供給のプロパンガス相場

    プロパンガス相場は地域によって異なってくるものです。

    プロパンガス相場の新しい情報です。

    この理由としてはプロパンガスの仕組みが大きく影響しています。

    プロパンガスはボンベを通じて供給されるため都市ガスと異なりボンベを定期的に交換する必要があります。

    このさいの輸送コストが大きな違いのひとつです。

    また需要のある地域であればボンベ交換も効率よく行えますが人口密度が低い場合にはやはり輸送コストが高くなります。

    プロパンガス相場は全国平均では基本料金が1、900円前後、従量料金が500円前後が相場です。これは都市ガスと比べると極めて割高ですが人口の多い地域ほど低くなりますし、また提供している業者が複数あるため選択肢もあります。また都市ガスという選択肢もあるため競争が起こりやすく相対的に相場は低い状況です。
    一方で人口が少ない地域では業者の数が少ないため相対的にプロパンガス相場は高くなりがちです。ただ地方においては都市ガスが整備されていないところも多く、この場合に燃料としてガスを使用したい場合には選択肢にプロパンガスしかないのが現状です。



    競合相手は電気ですが、電気の場合には停電によって使用できなくなり、特に都市から遠い地域においては災害時にも熱源に使うことができるプロパンガスに強みがあります。
    プロパンガス相場はその需要と供給によって決定されますし、またプロパンガスはその仕組み上、利用する業者を変えることも簡単に行うことができるので、使用状況を前提に選ぶことがポイントです。